교육나눔

조례표지 (1)

서울학생인권조례 「学生 成为 市民之际 」

大家好,我是韩国首尔市教育厅教育监曹喜昖。 韩国社会在经济快速增长的支持下成功实现了民主主义,在全世界范围内作为典范受到广泛好评。但是,快速增长的背后却有令人心痛的一面,因为不得不面对应试教育带来的过度竞争,学生的幸福指数在全世界范围内一直很靠后。在这样的状况下,社会各界一致认为应该建立造福儿童、青少年的学校共同体,所以我们在2012年制定了首尔学生人权条例。 首尔学生人权条例正式实行后,体罚和暴力事件大幅减少,尊重多样性和秩序的民主校园文化不断深入人,全社会出现了积极的变化。与此同时,把学生作为不成熟教育对象的陈旧观念也有所改变,在校园生活中,学生的人权得到了保障,学生作为未来社会的主人公,也开始不断学会维护自己的权利以及尊重他人权利,他们正在成长为有尊严的存在。 事实上,需要一个媒介来介绍学生人权条例,让外界了解首尔教育的变化,让大家更容易接触了解首尔学生人权教育,所以我们制定并发行了《学生成为市民之际》宣传册。 《学生成为市民之际》小册子以简单易懂的叙述形式介绍了首尔学生人权条例的制定背景、首尔学生人权制度的现状和取得的成果,还通过事例展现教育现场的变化和意识提高。本小册子有韩语和四种译本(汉语、英语、日语、西班牙语),目前正在向国际人权机构和各国教育机构分发。 希望《学生成为市民之际》能成为保障世界各国学生人权的重要参考资料,首尔市教育厅今后会牢记“人的尊严是人类生活基础”这一世界人权宣言精神,为保障韩国儿童、青少年的人权而勇往直前,不懈努力。 谢谢!   서울학생인권조례 PDF DOWNLOAD  중국어 (CHINESE) 

0 Shares

조례표지 (5)

서울학생인권조례 「学生が 市民になる時 」

こんにちは。韓国のソウル市教育庁教育監、曺喜昖(チョ・ヒヨン)です。 韓国社会は、世界でも類を見ないほどの急速な経済成長と民主化を成し遂げた成功事例として評価されています。しかし、量的な成長の裏側には、過度な受験競争に追い込まれた学生 たちの幸福度指数が世界最下位レベルという影も存在します。このような問題を打開するため、子供や青少年にとって幸せな学校共同体を作りたいという思いで、2012年ソウル学生人権条例を制定しました。 ソウル学生人権条例が施行されてから、体罰と暴力は著しく減少し、多様性と民主的なプロセスを尊重する学校文化が定着するなど、学校はよい方向へと変化を続けています。学生を未熟で教え諭す対象としてしか捉えなかったこれまでの考えを改め、学校生活における学生の人権を保障することを目指しました。その結果、学生は未来の主人公として自分の権利を守りながら、他人の権利も尊重することのできる存在として成長を続けています。 ソウル学生人権条例による学校の変化を公表すると同時に、世界各国がソウルの学生人権教育に容易にアプローチできるよう、学生人権条例を紹介する広報誌『学生が市民になる時』を制作・配布することにしました。 『学生が市民になる時』は、ソウル学生人権条例の制定の背景、ソウル学生人権条例制度の現況と成果及び学校現場での変化と意識向上を紹介する事例などが、誰もが気軽に、楽しく読めるナレーション形式で構成されています。韓国語と外国語版(英語、日本語、中国語、スペイン語)で出版され、国際人権機構や世界各国の教育機関などに配布しております。 『学生が市民になる時』が世界各国で学生の人権を保障するための資料として活用されることを願いながら、ソウル市教育庁はこれからも「人間の尊厳こそが、人間らしい人生の根本にあるものだ」という世界人権宣言の精神を心に刻んで、韓国の子供・青少年の人権保護のために先頭に立って取り組む所存です。ありがとうございました。   서울학생인권조례 PDF DOWNLOAD    일본어 (JAPANESE)     

0 Shares

서울교육 SNS