다국어 지원

한국어English日本語中文Tiếng Việt

「今までとは違う新しさ」、ソウル教育の新しい未来

2020ソウル教育の主な政策

새해에도 서울시교육청의 담대한 전진은 계속 이어진다. 2020년을 맞아 서울교육이 ‘다르게 새롭게’ 힘찬 출발을 준비하고 있다. ‘미래’, ‘책임’, ‘자치’라는 세 가지 키워드를 바탕으로 서울교육이열어갈 새로운 내일의 모습은 어떨까?

新年にも、ソウル市教育庁の大胆な前進は続く。2020年を迎え、ソウル教育が「今までとは違う新しさ」をもって、力強いスタートを準備している。「未来」、「責任」、「自治」という3つのキーワードに基づき、ソウル教育が切り開く新しい未来の姿とは? 2020ソウル市教育庁の主要政策から展望してみよう。

未来 – 未来の人材、「未来」で育てる

産業社会の変化に伴う職業系高校における学科の再構築化と優れた人材の養成
◎ 職業系高校における学科の再構築化を支援
◎ 第4次産業革命時代における成長戦略に相応しい特性化高校の学科を改編することで、職業系高校の競争力を強化
◎ NCS教育課程の運営を支援:80校
◎ 特性化高校の教育能力を強化するための特化プログラム運営の予算を支援
 産学一体型徒弟学校を運営:10校 事業団24校

未来の能力を育むためのIoT及びAIベースの教育を支援
◎ フィジカルコンピューティング機器を支援
◎ IoT(モノのインターネット)及びAIベースの教育を導くモデル学校を運営:3校
◎ 学校間教員学習共同体(小・中・高、各1チーム)、業務担当者ワークショップを運営
◎ IoT(モノのインターネット)及びAIベースの教育プログラム(ソウルソフトウェア教育体験センター)及び「メーカー学生」(20校)を支援

「教室革命」-学校・学級別、特色のある教育課程を運営
◎ 遊びながら学ぶ幼稚園
• 2019改訂・ヌリ課程:幼児の主導性、教師の自律性に基づき、幼児と遊びが中心となる教育課程
• 2019改訂・ヌリ課程における改訂の特性
– 国家レベルの教育課程としての構成システムを確立
– 幼児・遊び中心の教育課程を確立
– 5つの領域の内容を簡素化し、経験と遊びを強調
– 教師の実行力、現場の自律性を強調
• 2019改訂・ヌリ課程の理解と実行をサポートするための教員研修を支援
• 改訂・ヌリ課程の支援資料集3種を普及

◎ 生きる上での基本を学ぶ小学校
• 2020年度小1、小2の安定と成長に合わせた教育課程を運営
– 遊ぶように勉強する教育環境づくりのための、遊び感覚の教具費、教室清掃の委託費を支援
– 学びが楽しい教育課程を運営することで、協力・遊び中心の統合学習の機会を提供
– 共に成長する教育共同体の活性化に向けた教員能力の強化のための研修、父兄になる前の研修・広報
• 小3~6の協力的な創造的知性・感性を育てる教育課程「私たちが夢見る教室」の教室革新
– 児童・生徒の主導性と教師の自発性・協力性に基づき、プロジェクト中心の教育課程・授業・評価を革新
– 学年別、チーム(トピック)別、個別(学級)別に学級運営費を支援:3,700学級
– 教室の革新を支援するため、ソウル市教育庁諮問団、教育支援庁・現場支援団、専門の学習共同体を構成・運営
• 児童・生徒の想像力が遊びの空間として実現する児童・生徒参加型遊び場、2020「夢を込めた遊び場」づくり
– 遊びの多様性と拡張性を取り入れた空間プラットフォームを構築:31校、1校当たり1億5,000万ウォン

◎ 自律的な能力を育む中学校
• お互い成長する授業チーム、2020年に400チームを支援
→ 2022年に1,200チームを支援
• ソウル型プロジェクト授業「お互い成長する教室」
– 中核となる概念を中心に教育課程を再構成。協力に基づく読書活動や児童・生徒主導の探求活動により、教育課程・授業・評価の一体化を実現するプロジェクト授業

◎ 未来を設計する高等学校
• オープン型選択可能な教育課程の運営を支援:一般高校191校、自律高校39校
• 高校単位制度の研究学校9校、先導学校31校を運営
• 共有キャンパスの指定・運営、学校間協力による教育課程
(連合型、拠点型、インタラクティブなオンライン型)を持続して運営
• 高校単位制度の教育環境づくりを支援

「未来」を想像し、「幸せ」をコーディングする、革新未来学校

◎ 革新未来学校の中心課題

革新未来学校の中心課題

責任 – より広く、より深く、より細かい責任

2020ソウル学生基礎学力保障方案

2020ソウル学生基礎学力保障方案

あたたかい正義を感じられるソウル特殊教育
◎ 皆の可能性を切り開く責任ある教育
• 学校の条件や障害の特性を反映した特殊学校教育課程を編成・運営

◎ 安全かつ快適な特殊教育環境
• 災難時、障害児童・生徒を保護するための体験型学校安全教育を実施

◎ 未来に具える社会統合
• 特殊教育対象者の進路・職業教育を専門化
• 関係機関と協力する、地域社会中心のワンストップ就業支援システムを構築

◎ 共に作り上げる学校文化
• 障害に対する共感の文化づくりの拡大・支援システムを構築
• 障害児童・生徒の人権保護を強化

小2向け基礎学力保障のための集中学年制度を運営
◎ 小1、小2の安定と成長に合わせた教育課程の内実化
◎ 小2向け基礎学力保障のための集中学年制度を運営
◎ 小2向け「ユーレカ・プロジェクト」を運営
• ユーレカ・プロジェクト:学習支援の対象となる児童・生徒が「ユーレカ!(分かった!)」と叫び、基礎学習能力(3R’s)に到達するまで支える統合支援プログラム
◎ 児童・生徒にカスタマイズされた支援人材を拡大

公立幼稚園向け「エデュケア」を拡大・運営
◎ 公立幼稚園向け放課後課程の拡大
• 2020年に新・増設の幼稚園向けエデュケアを拡大:16園27教室
• 午後エデュケアの運営を拡大:2019年、53園を運営→2021年までに251園まで拡大・運営の予定
– 共働き家庭を含め、学童保育の必要な家庭の乳幼児にまで対象を拡大し、学童保育の需要が集中する時間まで運営

◎ 公立幼稚園・放課後課程の多様化

• エデュケアと午後エデュケアに2元化
• 保護者の選択肢を増やすカスタマイズされた放課後課程として運営

◎ 公立幼稚園・放課後課程の内実化
• 「遊びと休み」中心のケア活動で運営
• 放課後課程の運営タイプの多様化・拡大により公立幼稚園のサービスを改善、保護者の満足度を向上

小学校学童保育教室を拡大、運営を内実化
◎ 中心的な運営対象を拡大することで、希望するすべての児童に学童保育サービスを提供

◎ 地域社会と連携する「終日学童保育システム」を構築・運営
◎ 学年別特性や保護者のニーズに応えた、カスタマイズ型学童保育教室を運営
◎ 小学校学童保育教室の拡大計画

学業不振の要因別にカスタマイズされた支援
◎ 学業不振の要因別にカスタマイズされた支援を行うための「マルチ支援チーム」を運営
◎ 現場に密度した支援のための地域学習支援センターを新設
◎ 難読症・境界線知能の担当チームを運営

難読症・境界線知能が疑われる児童・生徒を支援する手順
새해에도 서울시교육청의 담대한 전진은 계속 이어진다. 2020년을 맞아 서울교육이 ‘다르게 새롭게’ 힘찬 출발을 준비하고 있다. ‘미래’, ‘책임’, ‘자치’라는 세 가지 키워드를 바탕으로 서울교육이열어갈 새로운 내일의 모습은 어떨까?

自治 – 皆が主体となってつくっていく、より大きい世界

社会の懸案に関する議論型読書討論の授業
◎ 社会の懸案に関する議論型読書討論の授業
• 今、社会的問題となっている懸案に関するテーマ
• 議論ができる批判的な読書と自分の観点を持つ主体的な受容力を伸ばす
• 民主的に共に生きていくための、児童・生徒の実践能力を育成する読書討論

◎ 校内における仲間意識の構築によるプロジェクト授業を支援
• 教科目の融合教育によるテーマ別プロジェクト学習を実践
• 民主市民としての能力を向上

◎ ソウル学生社会参加発表大会
• 現在、ソウル市民である児童・生徒の民主市民としての資質
• 生きる上での実践と社会参加活動により、連結社会の懸案である議論型プログラム授業

2段階にわたる質的な成長を目指す、革新的なソウル型教育地区政策
◎ 1人も漏れなく主体的に成長するための学校と地域の協力システムを強化
• 1人も諦めない「Only One」教育のための学校と地域の連携性を強化
• 地域の教育の力が学校教育の力へと結びつく好循環の関係を目指し、児童・生徒が暮らす地域に基づいた実践的学習の、地域結合型教育課程の支援を拡大
• 地域の教育の力を向上させるための地域教育活動(地域教育共同体)を活性化

◎ 教育主体のバランスの取れた成長を支援する 官民学ガバナンスシステムの拡大・成熟
• 中央、地区、学校、地域において、官民学ガバナンス参加者のバランスの取れた成長を支援
• 地域住民、保護者、生徒、教師など、主体別分科を活性化
• 学校と洞のガバナンスなど、生徒の生活圏レベルのガバナンスを細かく運営

◎ 学校内外における児童・生徒向けインフラを拡大することで、児童・生徒の自治活動を強化
• 主導性、自発性を導き出す支援システムを強化
• 自治活動を支える地域社会の求心をつくる
• 成長を支援する多様なプラットフォームを構築

◎ 革新的なソウル型教育地区の質的成長を支援
• 行政・財政支援の他に、カスタマイズされたコンサルタント、中間支援組織の模索、革新的なソウル型教育地区事業の運営の能力を向上
• 成長中心の評価による25地区の自律性と責務の調和・発展を支援

新しい想像力、量的成長から質的成長・成熟へ

学校の自治に基づく教育の想像力と挑戦「革新自治学校」
◎ 学校の自治の要素・原理を一般化
• 法令以外にも、教育庁レベルで、学校自治の推進速度を上げる要素・原理を発掘
– 自治学校の成果分析、政策を研究
• 自治学校の運営原理及び要素の一般化(教育庁ガイドライン、規制を段階的に解消)
– 即時実行、段階的な適用など、年次実行計画を具体化
• 管理・監督の目線から脱皮し、「信頼の原則」に基づいた学校支援を強化

◎ 自治学校を運営する上での中心課題

自治学校を運営する上での中心課題

カスタマイズされた保護者向け教育を提供
◎ 転換期の保護者向け教育

• (来年の)小中学校の新入生の保護者を対象に、単位学校に訪問する教育、子どもに対する理解、保護者の役割、人格・進路等に関する教育により、保護者による子どもの教育能力を高めるよう支援

◎ 「保護者の本」
• 公募により選ばれた「保護者の本」(講師)が学校を訪ね、読者(保護者)に会って、子どもの養育に関する経験と知恵を分かち合う対話型教育プログラム

◎ 保護者キャンパスを運営
• 地域の保護者の特性を反映し、地域社会と連携した教育プログラム。生涯学習館、図書館など、教育庁直属の23機関

◎ 祖父母向けの保護者教育
• 学齢期の孫をどう理解すべきか、孫のケア、生活習慣の指導、親との共同教育による家族間葛藤を解消する方法などについて、学校を訪ねて行う教育

◎ 保護者リーダー教育(2020年新規事業)
• 様々な保護者教育を支援するための、ソウル保護者支援センターからの専門的な保護者向け教育

등록된 댓글이 없습니다.

댓글 등록

이메일 주소는 공개되지 않습니다.